注目の記事 PICK UP!

作詞に必要な物

作詞に必要な物ですがメモ帳だけで作詞はできます。ワードがあればいいですがウィンドウズの方ははワード、Macの方はメモ帳です。
この一つだけで作詞はできます。作曲に比べたら本当に技術だけで食べていける職業といえるでしょう。
作詞に必要な物は本当に少ない。メモ帳またはワードに書いていくだけ。思い付いたその日の出来事をなるべく、今日食べたものや、今日の天気、空気を食べていて何々が美味しかったからストロベリーなんたらとか
そんな感じです。作詞というのは言葉を言い換えればアイディアを組み立てていく作業です。
アイデアが豊富に生まれたらそれを周りの飾りで組み立てる、その作業です。そしてメロディに色付けをする。
作詞に必要な物はアイデアも必要ですが物理的には作詞に必要な物はメモ帳またはワードだけ。あとは脳が正常な状態ならアイデアが後押ししてくれます。よく天から降りてきたといいますがそれはアイデアなんです。
作詞に必要な物はアイデアとそれを組み立てる技量です。メモ帳に書いた言葉をメロディの枠に入れていく。それも必要です。
ワード、または、メモ帳に書いた言葉をメロディに乗せる、詩選だとそうなります。曲選だとメロディに入れていく、それが技量です。
長年やってるとインプロバイゼーションというのでも思いつくようになります。、型にとらわれず自由に思うままに作り上げる、作り上げていく動きや演奏、またその手法のことを指していて即興と言われるやつです。
それも長年やってるとできるようになります。曲を聴いて感じ取ったもの、その日の思い付いたことを歌詞にしていくことは作詞に必要な物の技量として大切なものです。なるべく多くの自然や人に触れ多くのものを感じ取り
人生を歌詞に込めます。悩みや恋愛は歌詞につながるほか、プラスになることもあるのです。悲しい歌詞だねと言われるものも売れることもあります。悩んでいる人は作詞をしてみてください。必ず良い方向にいくはずです。



PAGE TOP