SSL E-Channel使い方 Wavesプラグイン コンプレッサー使い方 | SSL E-Channel使い方 Wavesプラグイン コンプレッサー使い方 |

注目の記事 PICK UP!

SSL E-Channel使い方 Wavesプラグイン コンプレッサー使い方



今晩わ。SSL E-Channel使い方です。仕事の合間に導入してみました。
このコンプレッサーはチャンネルストリップで構成されており、少し難しいですが
あらかじめプリセットがいくつも用意されているので使いやすいです。

今回はドラムの、キックとスネアとストリングスに使ってみました。

かなり綺麗なコンプがかかるので使っていて楽しかったです。リリースやレンジ、アウトを少し持ち上げるとさらに音圧が上がります。
コンプレッサーはそれぞれ味が違います。かけるコンプレッサーによって深かったり、軽かったりします。またかけ具合に応じてそれぞれ異なり、調節することが大切です。
リリースなどを見直し、それぞれ調節しましょう。付属のものでもそれなりにちゃんとすれば確かな音源になります。
しっかり調節して、音圧の高いものにするのも最近の音楽では使われるので、身につけてみましょう。
またかけすぎには要注意をしてください。かけすぎると歪んだり、割れたりしますのでマスタリングでしっかりした音源にしましょう。

スクリーンショット-2016-07-28-1.40.48-768x432

Waves社のコンプは優秀なので音圧稼ぎに有効です。

またYoutubeも用意されていますのでご参照ください。

そのSSL E-Channelを使ってみた音源が以下のものです

      サンプル6_4


生命保険




RSS


FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

  1. ボーカルのピッチを治すプラグイン Waves Tune Real-Time使い方

  2. Wavesプラグイン Vitamin使い方

  3. Renaissance Axxの使い方 しっかり音圧を稼げるプラグイン

  4. ヴォーカルのピッチを補正するプラグイン Auto Tune使い方

  5. eMo Q4 Equalizer使い方 ブリトニースピアーズ Everytime作ってみた

  6. EMI TG12345 channel ship使い方

  7. C1 Compの使い方

  8. 音圧が上がるプラグイン Greg Wells ToneCentric 使い方

  9. CLA Bassの使い方

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP