DTMって? | 篠崎奈美子の公式サイト DTMって? | 篠崎奈美子の公式サイト

注目の記事 PICK UP!

DTMって?

DTMというものについてです。
パソコン上で音楽を作ったり、編集したりすることの事で、「Desktop music」の略称です。
本格的な方は、パソコンにキーボードやミキサーなどを繋いだり、プログラミングして作曲をしています。

「作曲って難しいんじゃ?」「楽譜も楽器もできないから自分には無理」と考えている方もいるでしょう。DTM、少なくともパソコンで作曲をすることは勉強すればできます。

DTMを始めるにあたって、一番初めに躓くところはたぶん「どんなソフトを使えばいいのかわからない」ところだと思います。
世の中にはたくさんのDTM用のソフトが売られていますし、同じメーカーで同じソフトなのにバージョン違いが沢山あるのです。
どれぐらいかと言われればピンキリになってしまいますが、だいたい2万円~高いものは数十万はくだらないものまであります。
でも初心者なうえ、これからも続けられるかわからないような状態でいきなりそんなに高いソフトを買うというのはとても勇気がいることだと思います。
なので、「とりあえず少し触ってみたい!」という方はまず、体験版フリーソフトを使ってみることをおススメします。フリーとは無料ということです。
「DTMソフト 体験版」というキーワードで結構な数のソフトがヒットするはずです。
体験ですから、気になるものは全部インストールしてみて、どれが自分に一番合うか試してみるといいと思います。
基本的にどのソフトも「ピアノロール」と呼ばれる画面で鳴らしたい音を一つひとつ打っていく作業を繰り返して曲を作っていくと思います。しかしソフトによって音の強弱やビブラートの入れ方が違ったりしますし、編集はやりにくいけど打ち込みはしやすい、といったソフトごとの性格が大きく違ってきます。
曲作りも人それぞれやり方があると思うので、ソフト選びは納得のいくまでじっくり選ぶことをおすすめします。

ソフトをインストールしたらいよいよ作曲作業に入れます!
ピアノロールと呼ばれる、左端に鍵盤のある画面が作業画面になると思います。
鍵盤をクリックすると、対応する音が鳴りますので、音を聞きながら一音ずつ打ち込んでいって曲を作ります。
最初のうちは直感にまかせて作るのもいいですが、小学校の頃に習ったような簡単な曲を打ち込んでみるのもいいと思います。
だんだん慣れてきたら、音の強弱を意識して「ベロシティ」を動かしてみると、よりリアルな音の表現ができるようになってくると思います。

曲作りに慣れてきて、既存の内臓音源では我慢できなくなってくる日が来ると思います。
特に最近のWindowsは内臓音源の同時発音数の制限がかなりきつく設定されているようで、ちょっとした和音も満足に発音してくれないことが多いです。
そんなときは「サウンドフォント」を入れてみましょう。
サウンドフォントとは文字通り音のフォントです。これも無料で沢山の音源があります。とてもリアルな音源もあります。
DTMの難しさにつながってしまうのですが、この音源を変える作業が少し大変です。昔のWindowsPCではデフォルト以外の音源を変える作業がコントロールパネルで行えたそうですが、今はそんな項目はどこを探してもありません。
とはいえ、いくつかソフトを入れれば音源を変えることができますのでご安心を。

DTMは勉強すれば音楽を作る楽しさを簡単に味わうことができる素晴らしいものです。
皆さんもぜひ、作曲に挑戦して音を作る楽しさを体験してみてください。


生命保険




RSS


関連記事

  1. カーリー・レイ・ジェプセン I Really Like You 作ってみた

  2. 作曲家は金持ちが多い? 篠崎奈美子Google Map削除はすべきじゃなかった

  3. この講座は篠崎奈美子の作曲に変わりました。

  4. 作曲 コツ

  5. M Box Pro ガレージバンドでのサンプルレート 設定方法

  6. 作曲 ゲームミュージックのような曲を作る方法

PAGE TOP