太陽光発電を導入することについて活用で得られるもの | 篠崎奈美子の公式サイト 太陽光発電を導入することについて活用で得られるもの | 篠崎奈美子の公式サイト

注目の記事 PICK UP!

太陽光発電を導入することについて活用で得られるもの






seser

太陽光発電を導入することについて活用で得られるものについてです。再生可能エネルギー、エコなエネルギーとして注目されている太陽光発電。一戸建て、マンションという一般コンシュマー市場においては買い取り価格の問題やイニシャルコストの問題もありますが、正直、導入に対してすそ野の広がりを見せていますね。早くから導入された方にとっては、買い取り価格が改定されたりすることは残念だったかもしれません。しかし、太陽光発電という創エネ、こうした発電された電気をためる蓄エネ、管理するエネルギーマネジメントまで一貫で行うシステムさえあれば、売電の価格がそうあろうとも大きな問題ではなく節電や環境保護に活用でき太陽光発電を導入することについて活用で得られるものは大きいです。まずは太陽光でお金が入るところがあります。
そして、これからの太陽光発電です。各メーカーの努力で、面積あたりの発電効率もどんどんあがり、そのパネルの劣化も遅くなりつつありますので、非常に目覚ましいスペック進化です。
あとはどこでどう、この太陽光発電を広げていくかという問題です。いろいろなところで見かけると思いますがスケールメリットが一番のポイントになることは言うまでもありません。いくつか今も導入されていて、かつこれからも有望である場所をご紹介したいと思います。まずは大きなショッピングモールです。壁面や屋根に大きな面積をもっているためにかなりの太陽光パネルを設置可能です。ここまで設置すれば、環境にやさしいということを訴求するだけではなく、敷地内の電力をうまく自家発電でまかなえるようになってくるはず。場合によっては地域に対して売電を行うことまで考えられます。次に全国に1000近くあるゴルフ場です。ゴルフ人口の減で非常に経営が厳しくなっていく中、太陽光パネルをゴルフ場に多く並べることで、ゴルフ場の電力を賄うだけではなく、売電にも活用可能です。ショッピングモールなどとは違い、敷地内で活用する電力もさほど大きくないため、売電に回せる量も必然的に大きくなります。単価が安くとも、これだけの面積を賄うことができれば、十分かと思います。
あとは休耕田でしょうか。こちらもなにもしないまま置いておくのはもったいないので単独で農家が実施することはなくとも、自治体や企業が一体となって、推進することにより、土地の有効活用ということが可能になると思います。一戸建てに太陽光を導入することで大きなメリットもあります。節電です。
ほかにも狭い国土の日本といえども、うまく活用すべき土地はたくさん残されているはずです。
ビジネスとして成立させること、これがこれからも太陽光発電を活発にする条件です。まずは見積もりをしてみましょう。見積もりは以下から


関連記事

  1. 太陽光発電ってどういうものなのか?

PAGE TOP