飲食店での面接対策はどうすればいい?

飲食店での面接対策はどうすればいい?~採用されるまでの流れを徹底解説~

ファーストフード店やレストラン、アイスクリーム店といった飲食店で働いてみたいと思う方も多いのではないでしょうか?でも、採用されるまでの流れがよく分かりませんよね。そこで、この記事では飲食店のスタッフとして採用されるまでと面接対策をご紹介します。

~飲食店の主な職種~
飲食店のスタッフといっても調理師とホールスタッフに分けられます。
• 調理師
主に料理を作ります。料理の腕はもちろんスピードや繊細さも求められます。※調理師の場合は、調理師免許の必要になります。

• ホールスタッフ(ウエイター・ウエイトレス)
料理をお客様のところに運んだり、注文を取ったり、後片付けをしたりします。ホールスタッフには、コミュニケーション能力、スピード、正確さが求められます。

このように職種によって求められる技術やスキルが違いますのでどちらを希望するのか決めておきましょう。

~採用されるまでの流れ~
ここからは、採用されるまでの流れをご紹介します。
• 気になる求人を見つけて応募する
☆店の公式ホームページから必要事項を記入して書類選考を行う店も増えているので、志望動機や自己PRはある程度、考えておきましょう。
☆志望動機は、あらかじめその店の特徴やコンセプトを調べておいて「このようなところに魅力を感じたのでこの店を志望致しました。」というように伝えると熱意が伝わりますよ。自己PRは、調理師の場合は、得意なジャンルや自分のオリジナリティー、ホールスタッフの場合は、丁寧さやコミュニケーション能力をアピールすると良いでしょう。

• 店から書類選考の合否通知が来る
• 面接を受ける
☆面接では、書類選考の内容をもとに詳しく聞かれますので、具体的なエピソードを交えながら説明できるようにしておきましょう。また、服装や身だしなみは、明るく清潔感が出るように意識しておきましょう。
④採用
解説してきたように飲食店のスタッフの選考では、清潔感が重要なポイントになりますので、身だしなみを大切にしましょう。

~まとめ~
この記事を読んで、選考を受ける準備が出来たら飲食店専門の求人サイト「itk」を使って求人を探してみて下さい。



関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

電話をかける
error: Content is protected !!