事業資金を支給してもらうにはどうしたらいい?

事業資金を支給してもらうにはどうしたらいい?

「起業したいけど、すぐにまとまった額を用意できないから事業資金を支給してもらいたいけど、申請の仕方が分からない。」という方のために事業資金の申請方法について解説していきます。

~申請の流れ~
創業支援計画の窓口に行く
業支援計画書窓口に行き、創業支援計画書・見積書(設備資金を申請する場合のみ)・履歴事項が全て記載されているもの又は、登録標本(法人のみ)・衛生関係(歯科医院・食品工場・医療関係の施設など)の事業を行う場合は、生活衛生協同組合から発行される推薦書または、復興事業に係る資金証明書が必要です。これらの書類を窓口に提出します。
☆遠方の方の場合は郵送やインターネットから申し込みすることもできます。

担当者と面談する
担当者と面談をして支給額を決定します。
面談では、具体的な事業計画(事業内容・施設の規模・従業員の想定人数など)を尋ねられますので具体的なビジョンを説明できるようにしておきましょう。
支給額の決定
面談の内容を元に支給額が決定します。
金額が決定したら契約書や注意事項などが記載された書類が送られてきますので必要事項を記入して返送します。
支給開始
返送した書類が確認され次第、あらかじめ指定しておいた口座に振り込まれます。

~返済方法~
基本的に返済方法は、1か月払い(月末払い)でまとめて現金で支払う方法や少しずつ支払いするステップ方式返済などがあります。
~支給を受ける時の注意点~
支給を受ける時はいくつか注意点がありますので解説していきます。
返済を滞納し続けると受けられなくなる。
返済を滞納し続けると支給を受けられなくなりますので注意が必要です。
返済日を確認しておく
滞納しないためにも返済日を確認しておきましょう。
解説してきたように滞納しないようにすることが大切です。

~まとめ~
事業資金を支給してもらうには、手続きに時間がかかってしまうので、早めに申請しておかまった額が必要になることもあると思います。そんな時におすすめなのが、ファンタリング専門会社の三共です。



関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

電話をかける
error: Content is protected !!