ヘルパーになるために身につけておきたいスキルとは?

ヘルパーになるために身につけておきたいスキルとは?
「人のお世話をすることが好きだから、ヘルパー(介護職)に挑戦してみたいけど、知識も経験もないからやって行けるか不安。」という思いからなかなか一歩が踏み出せないのではないでしょうか?この記事ではヘルパーになるために身につけておきたいスキルをご紹介します。

~ヘルパーに必要なスキル~
• コミュニケーション能力
ヘルパーは人と密に関わる仕事ですので、コミュニケーション能力は必須です。
コミュニケーション能力とは話す力(正しい言葉遣い・魅力的な話・親しみのある話し方)はもちろん、聞く力も必要になります。聞き上手になるためには、いくつかポイントがありますので解説していきます。
―聞き上手になる方法―
• 相手の話を否定しない
相手の話は否定せずにまずは、話を一通り聞いてあげることが大切です。話す側はただ話を聞いて欲しい場合が多いです。
• 適度にあいづちを打つ
あいづちを適度に打って話をきちんと聞いていることを示すようにしましょう。さらにあいづちを打つことで、相手に安心感を与えることができます。
• 相手の立場に立ってアドバイスをする
何かアドバイスをする時は相手の立場に立ってアドバイスするようにしましょう。また、「私だったらこんな風にする。」というように伝えると相手の負担になりません。
ご紹介した3つのことを意識するだけで、聞き上手になれますよ。
このように少し意識するだけでコミュニケーション能力は身につける事ができます。

• 観察力
利用者さんの状態を正しく把握して、接する必要がありますので、小さな変化にも気づく事ができる観察力が重要です。
• 気遣い(気配り)ができる
利用者さんのなかには障害が原因で上手く話す事ができない方もいらっしゃいますので、気配りができる子とはとても重要です。ですので、日頃から周りにアンテナを張り巡らしておきましょう。

ヘルパーに必要なスキルはたったの3つなのでやる気さえあれば誰でもなることができます。



関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

電話をかける
error: Content is protected !!