King&Prince シンデレラガール オルゴール 試聴

デビューで最も重要なのが表題曲なのは言うまでもない。そしてそのイントロは最大の注意が払われる箇所だ。その導入部。平野紫耀が<キミは シンデレラガール My precious one>と歌い出す。と同時に、キラキラとしたウィンドチャイムが鳴る。このランダムな音粒が徐々に整列されたハットの刻みに変化し、やがて四つ打ちのキックが現れると、それに誘われるようにしてバイオリンの美しい響きがクレッシェンドする。この見事な楽器の連携による上品なアレンジに、彼らがデビュー曲に「インパクト」や「キャッチーさ」ではなく「質」で勝負を挑もうという気概を感じた。

 その意味で、先に挙げたグループでたとえるならKinKi Kidsのような穏やかなデビューだが、<時がたてば 宝石もガラス玉さ>という一文が歌詞にあるのを見るにつけ、”宝石”も”ガラス玉(=ビー玉)”もどちらも登場した「硝子の少年」の音楽的性質をこの曲は企図しているようにも思える。ガツンと耳に訴えかけるものはないが、スッと心に染み入るセンチメンタリズムがある。力技ではない、緻密な音作りを感じ取れるのだ。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

電話をかける
error: Content is protected !!