一口50万で出来る不動産投資

超低金利政策により銀行預金ではほとんど利息が期待できない時代に会って注目を集めているのが不動産投資です。

不動産投資は利回りの高さが魅力ですが初期投資にまとまった金額が必要になるのがネックでした。

そんな不動産投資の欠点を解消した新型の投資商品が「一口家主 iAsset」です。少額からでも始められる新しい不動産投資て資産形成をめざしましょう。

一口50万円から始められる不動産投資 少額からでもはじめられる新しいタイプの不動産投資商品が「一口家主 iAsset」です。一口家主iAssetは不動産投資を専門に手掛ける会社「クレアスライフ」が開発した投資商品で、東京都知事より企画・販売・運用の許可を受けています。

一口家主iAssetの特徴は、一口50万円からの少額投資ができることです。

購入者は一口50万円で高い収益率が見込めるとされる都心部のマンションの共有持分を購入します。

5000万円のマンションなら100人で共同購入し100分の1の所有権を持つオーナーとなります。高利回りが見込める代わりに初期投資が高額になる都心マンションへの投資が一口家主iAssetなら50万円から始められるのです。 安定した利回りが見込める 一口家主iAssetの想定利回りは2.13%です。

この利回りは家賃収入から管理費や税金など諸経費を引いた数字です。投資するマンションは稼働率が高く安定した賃貸利益が見込める高物件が対象です。借上保証があるので空室リスクもありません。

運用期間は5年で、事業終了時に残る共有持分はクレアスライフが手数料不要で買い取ります。投資開始時よりもマンションの価格が上昇している場合は値上がり率の2分の1が元本に上乗せして支払われ、万一値下がりしても値下がり率20%までなら優先劣後システムによりお客様の元本は影響を受けません。クレアスライフが破綻してもマンションの共有持分権は法務局により保全されるので資産がゼロになることはありません。 高い信頼性 不動産に投資するという性質上、現金やその他の金融商品と比較して相続税や贈与税の軽減効果に強みを発揮します。複数口の購入であれば1口単位で権利の部分売却や分割譲渡も可能で流動性も確保されています。定期預金や国債での利息収入が見込めない中で一口家主iAssetは新たな資金移動先として選ばれています。



関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

電話をかける
error: Content is protected !!